レーシック.comについて

レーシックとは?アイレーシック、エピレーシックなどの術式や手術の費用や割引制度、さらには再手術などさまざまな情報のリサーチサイト。

レーシック手術にはやっぱり不安がつきもの?

レーシック手術による近視や老眼の治療は今やとてもポピュラーになっています。
しかしながら、インターネットでの検索ワードを調べてみると、「失敗」とか「後遺症」「ドライアイ」「レーシック難民」などのネガティブなワードも見かけます。
つまり、それだけ、多くの人はレーシック手術に不安を持っているということでしょう。
やはり眼球にメスを入れる(今の手術は物理的なメスではなくレーザーですが)手術になりますから、不安がまったくないというほうが少ないかもしれません。
このサイトでは、そういった不安や心配についてのリサーチ情報や、やっぱり気になる割引制度などの費用の情報、さらには日進月歩する手術の術式などについての情報も掲載しています。

クリニックの情報も詳しく知りたい?

レーシック手術をで近視や老眼の治療を行うのは眼科のクリニックですが、どこの眼科でもやっているわけではありません。
レーシック手術を行う最新の機器はとても高価なものです。
それだけの高額の機器をどこの眼科でもそろえられるわけではありません。
そして、その手術機器を用いて的確な手術を行うためには、医師にも経験と技術が要求されます。
とすると、やはり限られたクリニックでしか行われていないのが現実です。

よい近視クリニックの選び方は?

レーシック手術とは、「自分の眼球を他人に触らせる」ということです。
ですから、値段なども気になるところですが、なによりも優先するのは安全性でしょう。
感染症対策がきちんとなされているのはもちろん、「ノウハウと技術がきちんと蓄積されている」というポイントで考えれば、やはり大手の有名クリニックは選択肢から外すことができません。

●品川近視クリニック
●神戸神奈川アイクリニック
●SBC新宿近視クリニック
●東京近視クリニック
●錦糸眼科


上記のクリニックはいずれも地名がついていますが、その地名の場所だけのローカルなクリニックではありません。
いずれも全国にクリニックを展開する大手クリニックです。
実際にそこで手術を受けるかどうかは別にして、適性検査を受けながら話しを聞きにいったらよいでしょう。
もともとレーシックは、手術を希望したとしても、その人の角膜などの状況により5人に1人が不適性とされるそうです。
悩む前に、まずは適性検査でその点をはっきりさせておいたほうがよいかもしれません。
適性検査はもちろん無料。気になる割引制度やアフターケアなど、疑問点や不安点もその時に聞くことができるので一石二鳥です。